FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流動化商品の翻訳

流動化商品の翻訳



流動化という言葉は英語にするのが少し難しい。というのは、用語によりcurrent,liquidation,securitizationなど変わった英語になる。流動化商品の翻訳(英訳)をする場合にどの流動化の英語を用いるか、というのが本日の話題です。

会計などで流動性というと、例えば流動資産は、current assetsで、流動負債はcurrent liabilitiesというのが最も一般的である。なお反対語の固定資産、固定負債はそれぞれfixed asssets及びfixed liabilitiesとなる。固定負債はnon-current laiabilities又はlong-term liabilitiesなどという表現もある。

また、財務分析指標の中で流動比率などという場合、
流動資産÷流動負債×100で表される短期的な弁済能力を推測する指標として使用され、current ratioなどといいます。

流動性リスクとは、取引量が少ないなどの理由のために資産を売却して換金しようとしたときに正当な価値で処分できないリスク(危険性)をいい、英語ではLiquidity riskが一般的です。

さて、先般のリーマンショックの背景になったサブプライムローンsub-prime loanというのが話題になりましたが、このようなサブプライムローンの拡大を可能にした仕組みが住宅不動産担保証券(英語ではResidential Mortgage Backed Securities, RMBS)あるいはその1形態としてモーゲージ担保証券Collateralized Mortgage Obligation, CMO)、パススルー証券(Pass-through securities)などという流動化商品流動化手法の発達でした。

流動化商品とは、資産担保証券(英語ではAsset Backed Securities, ABS)、不動産担保証券(英語ではMortgage Backed Securities, MBS)、不動産小口化商品、不動産投資信託の信託受益権など、流動性の少ない資産を小口化又は証券化して現金化を可能にし又は流動性を高めたりした商品をいい、英語ではsecuritized productsと英訳できます。流動化商品の商品については、例えば金融商品は英語でfinancial products、またはfinancial instrumentsというので、流動化商品についても英語はsecuritized productsあるいはsecuritized instrumentsということになります。実業の中ではSecurities productsの用法の方が多いようです。

流動性リスクをliquidity riskというように、流動化というのは言語的にはliquidationともいえますが、流動化商品という用語の意味ではliquidationはあまり使用されません。例えばliquidated productsといったとすると、大部分の人が倒産その他のために売却処分した商品などをイメージすると想像されるので、流動化商品を意味する場合にliquidated productsと表現するのは避けた方が無難でしょう。流動化商品を規定する法律である資産の流動化に関する法律Act on Securitization of Assetsと翻訳されていますので、流動化商品の流動化についていうときに、証券化を意味するsecuritizationあるいはsecuritizedを使用することに問題はありません。Securitizationという用語は狭義では証券化、広義では流動化を意味すると理解しておけばスッキリ納得できるでしょう。

流動化商品=Securitized Products
または流動化商品=Securitized Instruments

筆責:永江俊一
翻訳のサムライ
スポンサーサイト

テーマ : 翻訳 - ジャンル : ビジネス

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

translators

Author:translators
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Google+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。