FC2ブログ

戸籍謄本の翻訳

戸籍謄本、いえ全部事項証明の進歩

昔、戸籍謄本と読んでいた書類、実はもうありません(下記に詳述されるような状況により市町村により例外あり)。

翻訳のサムライでは戸籍謄本の翻訳を昔から随分たくさん取り扱っておりますが、平成6年法務省令第51号附則第2条第1項という省令がでて(市町村長は、昭和三十三年四月一日に改製の事務に着手し、すみやかにこれを完了しなければならない。)、以前戸籍謄本と呼ばれていた書類は順次(順次、というのは、この改製の事務の完了時期は各市町村の実情に合わせて不定期になっているため)従来の戸籍謄本のデータを電子化データに「改製」しています。まだ改製がすんでいない市町村も少数派にはなってきましたがなおかなりあります。

自分の家族員全員のデータ、すなわち従来の戸籍謄本に対応するデータの謄本を申請すると、「全部事項証明」という書類が発行されます。自分だけのデータなど、家族の一部のデータ(従来戸籍抄本といわれていました)を申請すると、「一部事項証明」という書類が発行されます。

さて、この新書式の戸籍に移行する前の戸籍を一般に改製原戸籍(カイセイハラコセキまたはカイセイゲンコセキ)といいますが、今回の平成6年の省令により移行したものは「平成改製原戸籍」といいます。なお、この移行にあたり、一定のデータは新しい文書には転記されていないので、注意が必要です。遺産の相続人の確定、その他の目的(永住権、配偶者滞在のビザ申請なども含む)で戸籍が必要な場合、全部事項証明には含まれていない事実の証明を必要とする場合には改製原戸籍もあわせてとる必要がある場合があります。たとえば、カナダの永住ビザ(配偶者、フィアンセなどのためのファミリークラス)では、申請書類の一部として全部事項証明書と改製原戸籍の両方をはっきり明示して求めている機関もあります(まだ戸籍の電子化が実施されていない市町村では今でも従来の戸籍の様式を用いており、このような場合は全部事項証明書はないので、戸籍謄本だけで済むことはもちろんです)。

さて、この全部事項証明書、コンピュータ化されているのでいろいろな可能性を秘めています。様式面で言うと、表示の仕方のフレキシビリティ。たとえば、英語の単語をデータベースに入れれば、簡単に全部事項証明英語化ができそうです。

英文全部事項証明個人事項証明が発行してもらえる市町村がある、という噂をきいたことがあります。神戸とか。もし「あ、私英文の全部事項証明書発行してもらいましたよ」という経験に基づく確かな情報がありましたらぜひ知らせてください。

戸籍謄本の翻訳をよく依頼される私としては、全市町村で英文全部事項証明書が導入されるとなんとなく好きなこの分野の翻訳がなくなるのは少し寂しい気もしますが。

筆責:翻訳のサムライ主席翻訳者永江俊一
スポンサーサイト

テーマ : 翻訳 - ジャンル : ビジネス

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カナダのビザ

こんにちは。

不用意な表現をしていて申し訳ありません。上記のように表現を変えました。
永住ビザ(配偶者、フィアンセのためのファミリークラス)。大丈夫でしょうか?

お久しぶりです。ところでみおぼんさんのブログの写真はきれいですね。

私は現在もたくさんの方のビザ申請のための戸籍謄本の翻訳やっています。ささやかな仕事ではありますが、
みなさんの大切な手続きのお手伝いができるのは一期一会と思って1枚1枚リキ入れてやっています。
戸籍謄本は究極の短編小説ですね、簡潔な中にたくさんの方々の波乱万丈の人生が伝わってきて、感動することがあります。

一層のご活躍を祈念します。永江俊一

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

translators

Author:translators
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Google+