FC2ブログ

翻訳者と日本翻訳者協会(JAT)

翻訳者日本翻訳者協会JAT

世の中、自分が気づいていない間に新しいことが進んでいることがある。

日本翻訳者協会という日英翻訳者、英日翻訳者を中心に構成された翻訳者のための職業協会があり、10年くらい前から会員であったが、メーリングリストで雑談をしているくらいで特に自分には用がなかったので気がつかずにメンバーシップが失効していて、しかもその後1、2年そのまま放置していた。先ごろ再入会の手続きをしたところ、ホームページが更新されていてかなりいいものを発見しました。

日本翻訳者協会ホームページなのだが、このホームページには協会員専用のメンバーページが作成されていた。→翻訳者リスト。これは便利なところが2つ。

まず、氏名、その他の他、翻訳の専門エリア、職歴をPRするところがあって、これは翻訳者としての自分を紹介するのにとても便利。従来履歴書とか送っていたところを、代わりにこのページのアドレスをペーストして送れば簡単で、しかもきわめて私的な文書である履歴書に比べてはるかに客観性がある。つまり公表されない私文書(履歴書)に書かれている情報よりも、職業協会のホームページに掲載され公表されている文書の中に記載されている情報の方がはるかに信頼性が高いという側面です。

次に便利なのは、自分のホームページにハイパーリンクができること。→こんな感じですJAT翻訳者。日本翻訳者協会はNPOなので、URLアドレスがorgである。orgからのリンクはとりにくいので、ハイパーリンクには通常のアドレス、例えばcomなどよりはるかに評価が高いと推定される。つまりサーチエンジンオプティマイゼーションの観点からの利点。

このメリットを含んで年会費はわずかに1万円。安。
翻訳者のみなさんは、ぜひ入会をお勧めします。

欲をいえば、この日本翻訳者協会(JAT)自身の知名度がもっと上がり、ページランクがさらに上がればもっといいのですが。そうすると会員が増え会費もあがり活動費がうなぎのぼり、それがより活発な活動を生みページランクの上昇、メンバーシップの価値の増大、とプラスの連鎖が回ります。腕のある翻訳者が全員集まってきます。まずは会費を上げて日本翻訳者協会(JAT)のウェブページの維持にドンとお金をつぎ込んだらどうでしょう?

永江俊一
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス - ジャンル : ビジネス

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

translators

Author:translators
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Google+