FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユースモビリティスキーム預金通帳の翻訳の納期

私はもう少し若かったころケアンズという町に住んでいた。1990年代だったがそのころは東京、大阪、名古屋、そしてなんとこの地方都市福岡からもケアンズへの直行便が飛んでおり、日本ではちょっとしたケアンズブームだった。ケアンズはその当時となり町のマルグレーブ郡を合わせても人口8万人位の小さな町。ゴールデンウィークやお盆の旅行シーズンになるとケアンズの市内はオーストラリア人よりも多いのではないかと思われるほど日本人の観光客でごった返した。

私は日本食が恋しくなると山玄というケアンズインターナショナルホテルの一階にある日本食レストランに食事をしに行っていたが、そこにはワーキングホリディワーホリ)の若者たちがたくさんウエートレスとして働いていた。いや、山玄だけではなくて、ダイブマスター、OKギフトなどのお土産店の店員さん、サンゴ礁へのクルーズ船の船員、とにかくたくさんのワーホリの若者たちがケアンズには働いていた。

私が学校を卒業したころには確かワーホリという制度はなく、僕が外国で仕事ができるようになったのは平社員を黙々と続けて30歳くらいになってからやっと会社のスポンサーでビザを取った。現在はいろいろな国との間にワーホリの制度があり、外国に目を向けている若者にはとてもチャンスだと思う。

この1、2年特に注目しているのがイギリスユースモビリティスキーム。遊び、仕事だけでなく勉強の機会もあり、フレキシビリティの高いビザ。イギリスは食事はおいしいとはいえないと(私個人的には)思うが、英語の品格は高く(特にパブリックスクール出身のクイーンズイングリッシュを話す女性のリズム感のある英語はやはり圧倒的な一流品)、性格も温和、勤勉で日本人と相性がいい。

1月4日の翻訳のサムライの初仕事ではユースモビリティスキームビザ申請用の通帳の翻訳を20件くらい納品しましたが、申請(準備)のピークを迎えつつある感じです。去年は確か4月にはすでに定員いっぱいで申請が打ち切られましたので、そして今年の感触ではそれよりもスピードが速いようなので、イギリスのユースモビリティスキームを検討している方は速い決断が肝要です。ユースモビリティスキーム用預金通帳の翻訳は翻訳のサムライでは現在2商品あり、
1.通帳翻訳:4,200円(翻訳証明書つき、エクスパック郵送)→申込書
2.通帳翻訳早割パック:3150円(翻訳証明書つき、普通郵便)→申込書
納期は、1.通帳翻訳、2.通帳翻訳早割パックのいずれも発注、翻訳料入金後3営業日後発送ですがエクスパック便は首都圏、近畿圏その他都市ではほぼ全国(北海道他除く)翌日到着しますが、2.通帳翻訳早割パックは郵送が普通郵便のため郵送に時間がかかります。
なお、特に急いである方には特急納期(6400円)、スーパーエクスプレス納期(8400円)というのもあります。スーパーエクスプレスでは発注、入金後即日郵送手配できます。

2.早割パックをお申し込みの方でいつごろ着きますか、という質問がかなり多いのですが、この質問には個別には回答できません。というのは、郵送をするのは郵便局で弊社ではないため分からないというのが一番の理由ですが、郵送時間は地域により千差万別で、また普通郵便は土日は配達しませんし、遅いのが普通郵便です。申請日がまじかに迫っている方など、すなわちいつごろ着くか気になるような方はすべて1.通帳翻訳:4200円で申し込みしてください。普通郵便で発注しておいて○○日に着かなかった、どうしてくれる、といわれても責任の負いようがありません。

永江俊一
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス - ジャンル : ビジネス

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

translators

Author:translators
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Google+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。